休みが少ない美容師を辞めたい方へ。休日を増やす転職方法をお教えします。

休みが少ない美容師を辞めたい方へ。休日を増やす転職方法をお教えします。

あこがれた美容師になったけど、休みが少ない。

忙しすぎて休日はどこにも行く気が起きない。

今の美容院を辞めたい。転職を考えている。

という悩みを抱えている方向けです。

本記事の内容

・休みが少ないと悩む美容師の方
・職場環境や人間関係が悪いので辞めたいと思っている美容師の方
・もうすでに転職を考えている美容師の方

向けに

休日日数を増やすことができる転職方法をお教えしています。
私自体、休みが少ない業界から休みの多い会社へと転職ができているので
悩んでいるなら行動するのもありですよ!
スポンサーリンク

美容師はなぜ休みが少ないのか。

美容師はなぜ休みが少ないのか。
美容師の労働環境は昔よりもよくなってはいますが、
それでも週一もしくは隔週での週2休みの美容院も多いようです。
休みの日数で言うと年間90日から100日程度。
あなたの務めている美容院はどうですか?
美容師が休みが少ない理由として以下が挙げられます。
・長期休暇がない場合がある。
・休みの日に技術の練習、コンテストの準備、外部の研修など休みだけど実質的に休みじゃない。
・有給休暇を取得できる雰囲気ではない。
その他美容院によってさまざまだと思いますが、普通の会社と比べると労働環境は良くないです。
また、客商売ですので一般的にお客さんの多い土日は休めないことが多いですよね。
友達と休みが合わず遊べなかったり、彼氏彼女がいる場合は、
なかなか休みの日に遊べなかったりと悩んでいる方も多いはずです。
なので休みが少なくてもっと良い環境で仕事がしたいと考える方は、
ぜひとも転職することをおすすめします。

休みが少ないのなら今すぐ転職するべき3つの理由

休みが少ないのなら今すぐ転職するべき理由として、3つ挙げておきます。

・休みがすくないと仕事だけで消耗し休日というものを楽しめない。
・嫌々働いていても自分の可能性をなくすだけ。
・美容師の方は給料が少ない場合もあるためダブルパンチとなっている。

一つ一つ解説していきましょう。

休みがすくないと仕事だけで消耗し休日というものを楽しめない。

例えば休みが週に一度だけだと、その休み一日に仕事以外の
やりたいことをすべて詰め込まなければなりません。

あーこれやらないと!とか外せない用事があるとそれだけで
一日があっという間に過ぎてしまいます。

それだと仕事の疲れも癒せず、精神面でも余裕がなくなっていきます。
つまり自分自身が消耗していくというわけです。

美容師の方は給料が少ない場合もあるためダブルパンチとなっている。

美容師の方は給与の面で悩んでいる方も多いです。

夢だった美容師になったけど、思っていた以上に給料がもらえなくて生活が苦しい。

なのに休みも少ないから疲れていく一方だ。

なんてことになれば給与と休みという健全に働くうえで必要な要素が

どちらもかけているダブルパンチになりかねません。

嫌々働いていても自分の可能性をなくすだけ。

若いうちは本当に無限の可能性があります。

せっかく身に着けたスキルなので美容師を続けたいなら絶対続けるべきです。

ですが、嫌々働いている、悩みながら働いているという方は

自分の可能性がどんどん少なくなっているのに気づいていますか?

特に若いうちは美容師だけでなくても転職市場では引く手あまたです。

よく職場を知るために3年間は最低でも続けるべきだ!という声が聞こえますが

私自身初めての会社を1年で転職した身としてはそんな声クソくらえ!って感じです。

嫌々働いて3年とスパッと辞めたい職場を辞めて前向きに働ける職場で仕事をするのは

どちらが自分のためになると思いますか?

答えは後者です。

もう一度言います。若いうちは可能性が無限大です

嫌々働いていても自分と美容院ともにメリットがないのです。

 

私は労働環境が悪くても大丈夫!休みが少なくてものし上がって高級取りになる!
という方なら良いのですが悩みを持っているほとんどの方はそうではないと思います。

もし上記の考えに当たらず深く悩んでいるくらいなら辞めてしまいましょう。

美容師を辞めたいけど辞めにくいという方へ

美容師を辞めたいけど辞めにくいという方へ

今働いている美容院休みが少ないから辞めたいけどなかなか言い出しづらい。

上司・店長に言うのは勇気がいる。

忙しい状況で言うのは気が重い。

という方は「退職代行サービス」を使用するのも有りです。

退職代行サービスとは務めている職場を辞めたい人物に代わって

職場に退職を伝えてくれるサービスのことです。

退職代行サービスを使えばもう職場と連絡を取る必要もなくなります。

退職代行を利用する方は以下のケースが多いようです。

  • 会社(社長や店長)に退職を受け入れてもらえない方(すぐに退職させてくれない)
  • 社長や店長が怖くて言い出せない方
  • 忙しい職場なのは理解してるから自分では辞めにくい方
  • 退職代行を使ったからと自分を説得しないと辞めにくい方

悩んでいるくらいなら退職代行サービスを使ってスパッと辞めるのも手かもしれないですね。

退職代行サービスでは実績口コミともに名高い退職コンシェルジュ がよさそうです。

美容師から年間休日の多い業界へ転職したいという方へ

年間休日の多い業界へ転職したいという方へ

上でもご説明した通り美容師業界はどうしても年間休日が少なくなりがちで、

休みも不定期なのでなかなか希望の日に休むことができないという方も多いのではないでしょうか。

週一回の休みしかないという美容院も多いと思います。

法改正などで全体的な労働環境は昔よりも良くはなってきていますが、

それでも一般の会社員よりも休みが少ないというのが現実です。

せっかくあこがれた美容師になったのに休日は疲れを取るだけで終わってしまい

理想の現実のギャップがすごいと感じているも多いようです。

あなたはどうでしょうか?

もし美容師の方が今よりも年間休日が多い会社に転職したいなら

転職エージェントをうまく使うのも手です。

彼らはあなたの特徴を理解し、あなたに合った求人を持ってきてくれますので

安心して転職活動を行うことができます。

転職エージェントならヒューレックスが親身になって良い求人を持ってきてくれます。

年間休日の多い企業を探すコツとして

・完全週休2日祝日休みの企業を探す。
・もし家に近い企業なら休日や夜に会社の前を通ってみる。
・残業時間や休日出勤があるかを素直に聞く。
・一般的に労働環境が悪い業界を避ける。

などがありますよ。

美容師から別業界へ転職したい方へ

自分がどんな職に向いているかイマイチわかっていないという方は一度適性検査を

受けてみるのも良いかもしれません。

適性検査を受けることで自分がどんな職に合っているかある程度把握することができます。

適性検査自体はwebから無料で簡単に誰でも行えます。

リンクを貼っておきますね。適職診断

また、適職診断だけじゃあまりわからないからやっぱりプロに相談したいという方は

オンラインキャリア相談サービスというものを利用するのも手です。

転職の相談を受け持っているプロなのであなたの悩みも解決してくれるはずです。

こちらはそうだんドットミーというサイトがよいですよ。

そうだんドットミーの特徴

・プロからの的確なアドバイス
・アドバイザーを自ら選ぶことができる
・完全匿名で相談できる

美容師とは別のスキルを付けて別業界で飛躍したい方へ

今注目を浴びているのがプログラマーです。

今まで会社へ通勤して行っていた業務や勉強がオンラインでできると分かった今の時代

オンラインつまりインターネットの需要はさらに加速していきます。

そこで必要になるのがHPや各ウェブサイト、アプリ開発等の

サイトプログラムを構築できるプログラマーです。

プログラマーは間違いなく今後需要が大きく伸びるであろう業種

プログラミングを学び技術を身に着けることでより給料の高い分野である

WEBエンジニアやシステムエンジニアにステップアップも可能になります。

プログラミングって難しい印象でしょうか?

確かに難しく勉強途中で挫折してしまう人も多い業界ではありますが、

美容師になるためにたくさん勉強してたくさん練習した方は

必ず学ぶということができる方なので、一般的に難しいといわれている

プログラマーにもなりやすいのではないかと思います。

プログラミング学習も今では様々なプログラミングスクール

出てきていますので、良いスクールを選べば

勉強開始から最短2か月で仕事として使えるレベルになることもできます。

例えばアイスタキャンプ

オンラインでプログラミング学習が受けられるSkill Hacksが良いと思います。

やっぱり同じ業界で引き続き美容師として働きたいという方へ

やはり美容師は専門学校に通いせっかく身に着けたスキルですので

そんな簡単には捨てられないですよね。

そのまま別の業界へ転職するよりももっと労働環境が良い職場に転職したい、

美容師として成長したい

という方も多いと思います。

探せばいくらでも良い環境は手に入れられると思いますが個人の力では

なかなか骨の折れる作業でもあります。

ある程度技量がある方に限りますが、

シェアサロンが今話題となっています。

シェアサロンは月額または時間使用料を支払って美容院の一部を貸し出ししている

レンタルサロンのことです。面貸しというフリーランスとしての働き方ですね。

美容院に務めているとカット代はほぼ一定ですが、

フリーランスならばカット代は自分で決められますので

集客が安定すれば上限なく稼ぐことも夢ではありません。

休みが少ない美容師を辞めたい人が良い転職をする方法まとめ

美容師から休みの多いところへ転職をするのは比較的簡単です。

別の業界への転職も美容師を志し勉強し一度は美容師になった

あなたなら必ず世の中に求められる人材だと思います。

ここで今回のまとめ

・美容師は休みが少なく労働環境は一般企業より悪い。
・転職しづらいなら転職代行サービスを使うのもあり。
・別業界へ転職したいなら相談サービスや転職エージェントをうまく使おう。
・今後を見据え飛躍したい方はプログラマーを目指そう。
・同じ業界で働きたい方はシェアサロンもおすすめ。

転職したい・美容師を辞めたいと考えているあなたに大切なのは
休みの多い今よりも良い環境を強く望むことです。

私自身も転職経験がありますが、一社目はひどい労働環境で休みも90日ほどでした。

より良い労働環境を強く望み、転職活動を行った結果

今では労働環境の良い職場で働けています。

休みが少ない、美容師を辞めたいとお考えでしたら上でご紹介したようなサービスも

上手く使いながら休日の多い職場に転職できるよう動くのも手かもしれませんよ。