初めての一人暮らしならフライパンひとつで大丈夫!炒め鍋が神です。

初めての一人暮らしならフライパンひとつで大丈夫!炒め鍋が神です。

初めての一人暮らし 料理してみたいけど

フライパンとか鍋とかいっぱい揃えないといかないかなぁ?

本記事ではこんな悩みを解消します。

本記事の内容

・初めての一人暮らしフライパン一つで良いのか
・炒め鍋のご紹介
・なぜ炒め鍋が良いのか
・炒め鍋の選び方

本記事を書いている私は一人暮らしを10年程度経験しており、
料理も人並みにはしております。
今回はその経験を元に記事を書かせていただきます。

 

結論から言いますと

初めての一人暮らしはフライパン一つで問題ない」です。

 

しかし、普通のフライパンではありません。

 

タイトルにも書いておりますが「炒め鍋」というものが

初めて一人暮らしをする方におすすめのフライパンとなります。

 

これを見た方の中には炒め鍋というワードを初めて見たという方もいると思います。

 

なので、初めての一人暮らしが
なぜフライパン(炒め鍋)一つで良いのかを交えながら炒め鍋について説明していきます。

スポンサーリンク

初めての一人暮らしフライパンひとつでいいの?

初めての一人暮らしフライパンひとつでいいの?

もう一度結論を申し上げますと

初めての一人暮らしはフライパン一つで大丈夫」です。

 

ただし、以下の方に限ると思います。

・初めての一人暮らしでまだどれくらい料理をするかわからない方
・とりあえずフライパン一つ欲しい方
・あまり凝った料理はしないよという方
・洗い物めんどくさいし、フライパン一つですべて終わらせたい方
・ものをあまり増やしたくない方(ミニマリストなど)

上記に当てはまる方は、とりあえず初めはフライパン一つで大丈夫です。

 

一人暮らししていく中で自分に必要なものがわかってきますので、
調理器具も徐々に買い足していくのが良いです。

 

私も最初は何もない状態から徐々に増やしていきました。
その結果余計なものは買わずに済んでいます。

 

冒頭でもご紹介した通り初めての一人暮らしの方におすすめしたいのは

普通のフライパンではありません。

 

「炒め鍋」と呼ばれる深型のフライパンです。

 

深型のフライパン 炒め鍋とは

深型のフライパン 炒め鍋とは

炒め鍋とは、簡単に言うと「底が深いフライパン」です。

 

よく中華料理人が使っている中華なべも炒め鍋に入りますが、
今回は一般的なフライパンの底が深いものと考えてもらえれば大丈夫です。

 

底が浅いので普通のフライパンにはない特徴がありますよ。

 

初めての一人暮らしが深型のフライパン(炒め鍋)ひとつで大丈夫な理由

炒め鍋が初めての一人暮らしで最強のフライパンな理由

 

初めての一人暮らしがこの深型のフライパン(炒め鍋)ひとつで良い理由としては、

なんといっても、
炒めなべ一つでなんでも料理が可能だから です。

 

これ一つで何でもこなしてくれるので、初心者の方に絶対おすすめしたい万能調理器具ですね。

これ一つでできる料理はぱっと出しただけで、

・炒め料理
・煮物料理
・汁物
・パスタ
・カレー、シチューなど
・簡単な蒸し料理

と幅広い料理に対応してくれます。

 

私は初めてのころ普通の底が浅いフライパンを使っていたのですが、
炒め鍋というものを知り、これに切り替えたところ
普通のフライパンを使っていたことを後悔しました。

 

これひとつでなんでもできるので鍋をぜんぜん使わなくなるんですね。

それほどに素晴らしい。神のごとき(は言いすぎかもしれませんが)

料理器具だと思っています。

特に、一人暮らしだとキッチンも狭くてコンロが一つだけだったり、

流しが小さかったりしますよね。

一人暮らしの家でよくある特徴

・収納が少ない
・キッチンスペースが小さい
・コンロが一つしかない

炒め鍋の場合
鍋やフライパンが複数置けなくて
スペースが少なかったり小さい場合にも対応できます。

でも炒め鍋は良いところだけではありません。

もちろんメリット・デメリットがあります。

炒め鍋のメリット

・これ一つでなんでも作れる。
・底が深いので具材が飛び散りにくい。
・洗い物が少なくて済む。

メリットは上でも記載している通りですが、
具材や油が飛び散りにくいというのもポイントですね。

飛び散ったものの掃除をする手間も省けます。

炒め鍋のデメリット

・底が深いので大きいサイズだと一つでもかさばる。
・大きな炒め鍋だと洗うのが大変
・ものによっては重い場合がある。

 

特に女性の場合 大きいサイズの炒め鍋

例えば28cmなどを選ぶと具材や水を入れた状態では重くなるので

片手では持ち上げるのに苦労するかもしれません。

ですので、女性の場合は26cm以下のものをおすすめします。

炒め鍋の選び方

炒め鍋の選び方

上でも少し触れましたが、

炒め鍋は底が深い分底が浅いフライパンよりも少し重くなります。

男性の場合は大きいサイズで大丈夫だと思いますが

力にあまり自信のない女性の場合少し小さめを選ぶと良いかもしれません。

・男性の場合 28cmまで
・力に自信のない女性の場合 26cmまで

下で男女別のおすすめ炒め鍋を記載します。

 

また、ここは重要ポイントなのですが

炒め鍋に限らず鍋やフライパンは内部に結合部3点や2点の止める部分(写真を参考)が、
ないものを選ぶようにしましょう。

カレー等汁物や炒め物をした際にそこに汚れがついて取れにくい場合があります。

衛生面を考えても内部に余計なものはないほうが好ましいです。

以上を踏まえて初めての一人暮らしにこれ一つあればいいという
炒め鍋を、男性女性とガス火とIHに分けてご紹介します。

男性におすすめの炒め鍋

ガス火


 

IH対応


 

女性におすすめの炒め鍋

 

ガス火


 

IH対応


 

初めての一人暮らしならフライパン(炒め鍋)ひとつで大丈夫 まとめ

今回のおさらいです。

・初めての一人暮らしならフライパン(炒め鍋)ひとつでOK
・炒め鍋は万能な調理器具
・初めての一人暮らしなら絶対におすすめしたい調理器具

炒め鍋というワードを初めて聞いた方もいたかもしれませんが、

炒め鍋の良さを伝えられましたでしょうか?

もし、これいいじゃん!ってなった方は一度使ってみてくださいね。

きっと満足いく調理器具だと思います。

 

それでは。