ZOOM会議やyoutuberに朗報!売り切れのウェブカメラの代わりをご紹介

ウェブカメラの代わりアイキャッチ

感染拡大しているコロナウイルスの影響でリモートワークをする人や実家に帰れない人たちが
増えています。

それに伴い、ウェブカメラの需要が増え、売り切れが続出して困っている人も多いですよね。

パソコンにカメラが付いている人は良いけど自分のパソコンにはついていないし…って方も多いと思います。

このブログをそのような経緯で見られた方のために、

今回は

ウェブカメラ(webカメラ)の代わりとなる代用品(モノやアプリ)をご紹介します。
スポンサーリンク

ウェブカメラの代用品となる物

2019年4月現在ウェブカメラは売り切れが続出しています。

ご覧の通り売り切れています。リンク先で在庫ありと出た人はラッキーです。

ウェブカメラの代用品として使える物はネットワークカメラです。

防犯や見守り目的で使用する人が多いネットワークカメラですが、画質も良く双方向で会話ができるのでテレワークや実家や離れた家族との会話もできます。

お互いの顔を見ながら話すためにはカメラが2台必要ですが画質も良くスマートフォンに
専用のアプリを入れれば簡単にお互いの顔を見ながら会話をすることができます。

こちらもおすすめ!
バーチャル背景などを使用する際にグリーンバックがあるときれいに合成できますよ!
ネットワークカメラの機能
  • 双方向通話ができる。
  • 高画質200万画素や400万画素
  • アプリで簡単にカメラを設置した場所の映像を見ることができる。

ただし、あくまで設置した場所でしか会話できないので

リモートワークなどにはあまり向いていません。

そこで次はアプリを使ったやり方をおすすめします。

ウェブカメラの代用品-Androidアプリ「DroidCam」

DroidCamとは

スマートフォンをウェブカメラとして使えるようにするアプリです。
つまりお手持ちのandroidスマートフォンをwebカメラにできるのです。

無料で使用でき、パソコンとスマートフォンをつなぐには同一のwifiで接続をするかUSBケーブルで
接続する必要があります。

使用するにはスマートフォンとパソコン両方にアプリを入れます。

スマートフォン用アプリ

1ロゴ1

DroidCam
開発者:Dev47Apps

アプリはこちら

パソコン用アプリ

PC DroidCam

WindowsとLinax限定です。

PCアプリはこちら

インストールや詳しい設定方法はこちらのブログ記事が詳しく書いてありますので
ご紹介させていただきます。

ウェブカメラの代用品-iPhoneアプリ「iVCam」

こちらはiPhone用アプリです。

iPoneとパソコンを接続するには同一wifiに接続している必要があります。

iPhoneアプリ

開発者 e2eSoft

iphoneアプリはこちら

PCアプリはこちら

インストールや詳細設定はこちらの記事がわかりやすいです。

まとめ

ウェブカメラが売り切れ続出の今、メルカリなどで買うのも良いですがどうしても抵抗があったりしますよね。

今回ご紹介した方法なら簡単にウェブカメラの代わりになりますしネットワークカメラやスマートフォンを使用した場合通常のウェブカメラより高画質な映像で映像を映すことができます。

ぜひお試しください。